道議会

鈴木直道知事への重点要望を行いました。

鈴木直道知事への重点要望を行いました。

令和2年度 予算及び施策に関する知事への重点要望を2月3日に行いました。
鈴木知事就任後初となる本格的な予算編成に対して、会派として重点政策の要望を行いました。
冒頭、会派を代表して、コロナウイルス感染症対策への万全な対応とキタデミー賞問題の徹底した原因究明を求めました。
この他、人口減少対策と北海道創生の充実・強化。スポーツ・文化の振興と多文化共生社会の構築など、9つの重点政策と39の施策について要望。
懸案となっている道の宿泊税については、世論調査で導入反対が過半数を超えるなど、道民理解が進んでいるとは言えない状況にあることに加え、主要観光地を抱える道内16の市町村で、独自の課税を検討しており、道民の間に2重・3重課税に対する懸念も払拭できず、導入については慎重に対処するよう強く求めました。
知事からは、宿泊税について市町村と協議を進めるとともに議会議論を踏まえて、道の考え方を早期に取りまとめることとキタデミー賞問題については、事業の進捗管理の徹底などの改善策を早急に検討する考えが示されました。

Return Top
Warning: getimagesize(/home/nakayamatomoyasu/www/www/wp-content/themes/dp-graphie/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/nakayamatomoyasu/www/www/wp-content/themes/dp-graphie/functions.php on line 990